ストレス

キャットフード以外の人間の食べ物は絶対にあげてはダメ?

自分の食事中に、猫が足元にすり寄ってくるとつい自分のご飯を上げたくなりますよね。
しかし、肉やお魚、人間にとって美味しいものが猫の健康を害する場合があるのです。
では、猫には人間と同じものを絶対に上げてはいけないのでしょうか?

猫と人間は同じように手足を持ち、体内には臓器を有しています。
しかし、人間の臓器と同じような大きさや機能が違うので、与えるものには細心の注意が必要です。
特に小腸が短いので炭水化物を消化するには適してません。
おやつ代わりにご飯やパンを与える人も多いようですが与えすぎると消化器官にトラブルを起こします。

やはり、猫には専用のキャットフードを与えることがベストですが、キャットフードの表示の一番上に「穀物」とあるものは避けたほうがよいでしょう。
キャットフードに入っているとあまりよくないものの代表です。
これも米類が含まれているので消化器官がダメージを受けるからです。
また、猫は基本的に肉食動物ですので、本来なら肉を与えることが消化にも栄養補給にも適しています。
しかし、生肉をそのまま与えると細菌感染の恐れがあるので、食事は栄養バランスのとれたキャットフードを適量与えることが正しいのです。

さらに、猫に与えていけないものには、塩分がたっぷりの人間のおかずです。
塩魚やステーキなど、良質なたんぱく質が摂れそうですが、塩分が多く含まれています。
人間用に味付けされたおかずは猫に与えてはなりません。
猫の臓器は塩分にとても弱いのです。
味付けが薄いものでも猫の臓器に大きな負担を与えます。
ひどい場合は、腎臓病にかかってしまいます。

また、ニンニク、ニラ、ミョウガは胃腸障害や貧血、血尿を引き起こすことがあります。
玉ねぎや長ネギなどのネギ類、チョコレート、アルコール、ブドウ類、貝類、生卵、生の豚肉は決して与えないで下さい。
手作りキャットフードを与える際には注意してください。
これらは、猫の身体に異常をきたす食品です。少量でも含まれていないか常に確認をしましょう。

猫はキャットフードを匂いで判断します。
ですので、自分がこれは美味しいからと与えてしまうと危険なのです。
猫には基本的にキャットフードと専用のおやつを利用しましょう。